日本柔道の再生に大いに期待

  • 2013.08.25 Sunday
  • 11:50
  ju御存じのとおり、6月21日、不祥事が続いた全日本柔道連盟の執行部が総退陣し、初めて外部から新しい会長が就任した。新会長は、新日鉄住金会長兼最高経営責任者の宗岡正二氏である。組織の要になる専務理事、事務局長も交代し、理事会には女性や外部理事が新たに任命された。1949年に創立された全柔連初めての実に画期的な「政権交代」である。

最大の意義は、今まで柔道界出身の者だけで運営してきたこの組織を世界市場での競争を生き抜いてきたグローバル企業の経営者が指導することになったことである。つまり、閉鎖的体質が強く、それゆえ視野が狭かったこれまでの全柔連が、世界的視野を持ち巨大組織の経営能力を備えた人物によって運営されることになったのである。私は過去数年前から最近まで全柔連の国際委員や広報委員を務めてきたので、全柔連の組織の実情をおおむね知っていたこともあり、今回の組織の刷新は非常に大きな意義があると感じている。もうひとつの重要なことは、これまでの全柔連では理事ではあったが要職ポストにはついていなかった山下泰裕氏が副会長に就任したこと、相当高齢な男性柔道指導者が多数を占めていた理事会に数名の女性理事や外部理事が任命されたことである。正論を吐いて改革を唱え、それゆえにともすれば指導部から敬遠されていた山口香氏が監事のポストに就任したことも特記すべきことだ。組織がかなり開放的になり、今までより自由で闊達な議論が行われることが期待できる陣容だ。

宗岡新会長は私の学生時代の柔道部の2年若い仲間で、一緒に稽古もした。先日会いに行ったとき、全柔連の改革に並々ならぬ決意を示していた。外部から来たがゆえに、これまでの組織との「しがらみ」のない宗岡氏は大ナタをふるうことができる。山下さんは、外部から来た宗岡会長を全力で支えると言っている。女子柔道界の草分けで改革意識の強い山口香さんも、これからの全柔連の動きを内部から見て発言していくとの姿勢である。個々の人事についてとかく自分の視点であれこれ言う人も少なくないが、新しい体制は、現実的に望みうる大変頼もしい布陣である。

 

しかし、である。現実は、そう甘くはない。柔道界にはこれまでの何十年間に形成されてきた牢固とした慣行や仕組みがある。これまでのシステムに安住してきた人々からの抵抗や改革への消極姿勢も想像できる。おまけに日本柔道界が抱える問題や課題は幅広く、かつ複雑である。主な課題をいくつか例示してみよう。

① 柔道界内外の多様な人材の幅広い登用:経験や能力の高い外部の人材の活用。

② 組織のガバナンスの改革:理事会や評議員会の構成や機能の見直し、さらに、年次、性別、出身母体にとらわれない自由で公正な議論の実現。

③ 組織の強化:特に、企画、財務、国際、広報部門の抜本的強化、公益財団法人に相応しい経理的能力の向上。現在の全柔連の組織は各部門で専門的知識や経験ある人材が不足している。職員以外は通常ボランティアに依存している。必要な人材には非常勤でも適切な報酬も必要。

④ 講道館との関係の見直し:これまで全柔連と講道館のトップが同一人物であったり、両機関の役割や機能が不分明であった。明確化が必要。

⑤ 柔道を学ぶ意義や価値についての広報・教育の強化:体育・知育の教育手段としての柔道、とくに、礼節や忍耐力の涵養などの柔道の価値について周知徹底させる。フランスでは、柔道の価値を知って登録人口が60万人近くに上る。日本では柔道離れがとまらない。

⑥ 世界における柔道のあり方についての積極的関与:ルール作り、国際試合の運営のあり方などについて柔道創始国の日本はこれまであまり発言、発信してこなかった。国際柔道連盟(IJF)や他国の連盟との協議、協力、提携などが必要。ここでも戦略を立て人材を集める必要がある。

 

これらはいずれも短期間では実現できない大きな課題である。宗岡新会長にとって、新日鉄住金の経営以上に難しい仕事かもしれない。一連の不祥事があったこともあって、国民一般の柔道の諸問題への関心が強まった。私の知る知識人や文化人からも様々のご意見を頂いたので、これら有識者の方々と柔道を知る有志の人々と議論をさせていただいて、提言をまとめた。詳しくは、

http://www.judo-voj.com/Japanese/yushikisha.html)をご覧ください。

 

柔道は地球の隅々まで浸透し、国際的な絆を育む力を持っている。山下泰裕先生は、「柔道・友情・平和」を目標に掲げ、ご自身のNPO法人を作り、柔道を通じた国際交流にも力を注いでおられる。柔道の宗家でもある日本が世界における柔道の価値の発現に主導性を発揮すべきだし、新しい全柔連にそれも期待している。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM