佐藤優さんが語る奥深い示唆と生々しい現実

  • 2012.07.22 Sunday
  • 08:02
 佐藤優1 佐藤優2
710日、「国家の罠」など数々のベストセラーを世に出した佐藤優さんが絆サロンで「日本の閉塞感をどう打ち破るか」のテーマで話してくれた。誰も知るように、佐藤氏は該博な知識と情報を武器に最近は幅広い社会の事象に鋭い論陣を張る作家として活躍しているが、外務省時代はロシア問題を専門とする主任分析官であった。佐藤氏と私は、1980年代末の旧ソ連時代の末期、物不足の激しかったモスクワの日本大使館で文字通り「同じ釜の飯を食った」同僚であり、当時の経験から私は氏の超人的な能力や行動力に敬意を抱いている。佐藤氏も、当時ソ連からの独立運動を始めたリトアニアに私と一緒に出張したときのことやそのころの日本大使館の様子などを生々しく語ることから話を始めた。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM